【御厨政談】「国会」 と「行政」を改めて考える Part3「税・社会保障の一体改革と谷垣自民党総裁」

御厨氏は日本の政治学者であり、オーラル手法による政治分析の第一人者。TBSの名物番組「時事放談」の司会を2007年~2018年まで務めた名対談者でもあります。この「御厨政談」は、「時事放談」の良いところを受け継ぎながら、TVや既存メディアでは難しい対談・政談を行うものです。今回は、国会・与野党の中で喧々諤々の議論があった、安倍元総理への国会での「追悼演説者」の役割を担われ、高い評価を集められた野田佳彦元総理が、「国会」の担う役割、政治家にとって「言葉」の持つ重さについて語ります。

シリーズは3日に分けて創発チャンネルで更新します。創発チャンネル登録お願いします!

御厨政談シリーズとは?
ホストである御厨貴氏の幅広い知見と人脈をフルに活かして、政界はもとより、経済界やメディア、芸術界で活躍される方々と自由な話題で語って頂きます。また、広告に制約されない創発チャンネルならではの利点を活かして、先入観や制約や忖度にとらわれない闊達な議論が展開されます。

過去の「御厨政談シリーズ」はこちらよりご覧いただけます。
https://youtube.com/playlist?list=PLQmlile5uE0ST4Yac7-ZVuWY2SxP2W2uY

対談者のご紹介】

ゲスト
野田 佳彦
衆議院議員(9期)
立憲民主党最高顧問
1980年に松下政経塾に第一期生として入塾。その後県議等を経て1993年日本新党から衆議院議員総選挙に立候補して当選。自民党を下野に導く一翼を担う。
その後新進党を経て民主党へ。
民主党内閣時代は、2010年財務大臣を務め、2011年には第9代民主党代表に選出され、9月に第95代内閣総理大臣に指名された。その後消費税増税法案や原子力政策を巡る党内対立の激化もあり、11月、当時の安倍晋三自由民主党総裁との党首討論の中で「定数削減法案への協力を条件に」解散する・・と明言し解散。選挙では民主党は敗北し、総理大臣を辞職。今回の政談でも、この総理在任当時の安倍元総理との論戦の記憶などが語られている。

ホスト
御厨 貴

創発プラットフォーム 上席顧問
東京大学・東京都立大学名誉教授
東京大学先端科学技術研究センターフェロー
サントリーホールディングス株式会社取締役を務めるほか、東日本大震災の復興推進委員会や天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議の座長代理など数多くの公的委員会の委員等を務めてきている。
2018年に紫綬褒章受章

Twitter:
https://twitter.com/sohatsupf
一般財団法人創発プラットフォーム:
http://www.sohatsu.or.jp/